成長期を過ぎたペニスを大きくする仕組みまとめ!ペニス増大の基本は血流を増やすこと!

ジーター

この記事ではペニスを大きくするメカニズムを詳しく解説します。
基本的に人間の体は成長期を過ぎてしまうとあまり成長しなくなるものです。
そのせいで、「ペニス増大なんてデマ!嘘っぱち!」と思っている人の数は少なくありません。
ですが、ペニスは筋肉と似たような感じで、成長期を過ぎても大きくすることができるんです!

ペニス増大は20代からが本番!

成長期の間は放っておいてもペニスはどんどん成長しますが、遺伝や生活習慣などでサイズに個人差が出てきます。
そのため、成長期を終えてもあまり大きくなく、むしろ短小ペニスな男性も珍しくありません。

ですが、安心してください。
成長期を終えてもペニスを大きくすることは可能ですし、むしろペニス増大は20歳を超えてからが本番だぞ!

ペニスを大きくする方法はいくつかありますが、そのどれもが成長しきったペニスであることが望ましいというのは知ってました?
サプリは含まれている成分にもよりますが、成熟した体の安定した体調なほうが効果的です。
手術はペニスが育っているあとでないと効果を実感しづらいですし、そもそも高いお金を必要とします。(これは増大器具にも言えます)

つまり、自分のペニスに満足できない大人がペニスを大きくするための方法しか用意されていないのです。

そのため、「成長期終わったからこれで終わりだな」とネガティブになるのではなく、「成長期終わったしこれからが本番だな!」とポジティブに考えるようにしましょう。

ペニス増大のメカニズムを教えます

ペニスを大きくするメカニズムは大きく2つに分けることができます。

外から大きくする

外部から何らかの手段でペニスを大きくする方法で、いくつか種類があるんですが、中でも一番有名なのは注入剤を使った方法です。

これは竿の部分や亀頭部分に注入剤を入れて、一回りを二回りも大きいペニスを形作る方法。
ヒアルロン酸やフィロー剤、リパスなどが有名な注入剤です。
体に無害なものを使っているのでペニスが傷つく恐れはありませんが、値段が高いことと一生ものではないため定期的に手術を受けないとダメなことがネックですね。

また、外部からのペニス増大方には注入増大法だけでなく、ペニスと体を繋ぐ靭帯にメスを入れる方法や器具を使ってペニスを引っ張る方法もあります。

海綿体の最大サイズを上げる

ペニスを構成する海綿体を膨らませる方法です。
主に精力剤・サプリメントや薬を使う増大法があてはまります。

サプリを使ったペニス増大のメカニズムはペニスに流れる血液をスムーズにすることが狙いです。
そうすることで、勃起する頻度と勃起したときの硬さを上げることができ、ゆくゆくは最大勃起サイズが更新できるのです。
たとえるなら風船ですね。
空気の量が多い風船はパンパンに膨らみ、そのあとは空気が抜けても一度大きくなったサイズはある程度のあいだキープします。
ペニスも同じで、海綿体の血液の量が多いとパンパンに勃起しますし、元に戻っても大きくなったサイズはある程度のあいだキープされるのです。

サプリの種類にもよりますが、含まれている成分は大体、アミノ酸・ミネラル系の成分、動物系の滋養強壮成分、植物系の滋養強壮成分の3種類。
それらの配合バランスや成分の選出でサプリを選ぶことがペニス増大を成功させる秘訣です。

サプリの方が圧倒的に人気!

ペニス増大方法は大きく2つにわけることができると書きましたが、人気と実績が高いのはサプリや薬を使った方法です。

増大手術もすぐに結果が出るから一定以上の人気はあるのですが、やはりペニスに異物を入れることに抵抗を感じる人が多いんですよね。
体に害がないとはいえ、僕もあまり受けたいとは思いません。
やはりナチュラルな体のままペニスを大きくしたいのであって、外部から人工的なものを入れるのは嫌です。

その点、サプリは血流をスムーズにするという分かりやすいメカニズムだから安心できます。
副作用のないサプリばかりなので体に悪影響もありません。
効果が出るまでに時間がかかるので、どうしてもある程度の時間とランニングコストが必要なことをのぞけば文句なしです。

ページの先頭へ