成長期がペニスの増大チャンス?ペニスは何歳まで成長するのか

ジーター

この記事では一体いくつまでペニスは成長するのか、そして何歳までペニス増大は意味があるのかを書いています。
ペニス増大に励んでいる途中、ふと「なんで成長期にもっと大きくならなかったんだろう」とモヤモヤした気持ちを抱えたことはありませんか?
身長も手足の長さも成長期が終わるころには伸びなくなるもの。
では、ペニスはどうなんでしょうか。

体の成長期=ペニスの成長期?

遺伝や体質、生活習慣で左右されますが、基本的に体が大きく成長するのは10代から20代前半の間です。
俗に言う成長期ですね。
当然ですがペニスが一番サイズアップするのも、この成長期の間と言われています。
毛が生えはじめるのも、皮がめくれて亀頭が自然露出するのも、すべて成長期の間です。

では、成長期を過ぎてしまうとペニスはもう成長しないのでしょうか。
答えはイエスです。

10代の間は放っておいても勝手に成長しますが、成長期が終わるとペニスの成長も止まってしまいます。
そして、しばらくはそのペニスサイズのまま過ごし、老いがハッキリと体に出てくることにペニスもゆるやかに小さくなっていくのです。

つまり、自分のペニスサイズに不満があるなら、何らかの手段で大きくしようとしないと一生そのままということ!

体の成長が止まってしまっても、外からはたらきかければペニスはどんどん成長します。
ペニス増大サプリや薬、手術など色々な方法があるので、自分にあった方法を選びましょう。

成長期であまりペニスが大きくならなかったのには理由あり

おそらくこの記事を読んでいる人の中に、身長は高いのにペニスサイズはそうでもないという人もいるでしょう。
成長期に身長はしっかり伸びたのに、ペニスが伸びなかったという人です。
自分より身長が10cmくらい低い人よりペニスサイズが短いとなかなかショックを受けますよね。

実はこの体の成長とペニスの成長がズレてしまうのには4つの理由があります。

遺伝が原因

遺伝情報は複雑だから、親譲りの体の大きさなのはいいけど、ペニスにあまり遺伝が反映されることがなかったというパターン。
また、親のペニスは大きいけど、叔父や祖父のペニスが小さい場合でも起こりうることです。

ちなみに遺伝だけが短小の原因じゃないって書いたけど、それでも遺伝が一番大きな短小の理由であることに違いないぞ。

運動をあまりしていなかったのが原因

ペニス増大は血液の流れや量がとても大事で、これは成長期にも言えることなんです。
そして、スポーツは血の巡りをよくする効果バツグン!

つまり、成長期に運動をしていないと大きなペニスになりにくいのです。
成長期に筋肉をつけすぎると身長が大きくなりにくいという話がありますが、ペニスに関しては逆ということですね。

あまりよくない生活習慣だったのが原因

まだ体が成熟しきっていないのに夜更かしを繰り返したり、インスタントや冷凍ものに頼りがちな食事ばかり食べていたり、偏食・拒食・暴食を繰り返しているとペニスはあまり成長しません。
生活習慣の乱れは身長にも悪い影響を与えますが、ペニスの方が影響を受けやすいということですね。

包茎だった

遺伝的には問題なく、規則正しい生活を送り、運動もずっとしてきたのに、ペニスが小さい。
そういう場合、包茎が原因だと思っていいでしょう。

包茎だとペニスが成長しようとしても、余計な皮のせいで亀頭や竿が十分に大きくなってくれないのです。
また、サイズ的には問題なくても亀頭が先細りになってしまう可能性もあります。
そのため、包茎はできるだけ早めの解消を心がけましょう。

今からでもペニス増大は遅くない!

最近、体の大きさとは裏腹にペニスサイズはそうでもないという人が増えてきています。
これは成長期に塾や習い事で寝る時間が短く、食事はインスタント食品やコンビニ弁当で済ませがちだったのが原因。
また、ゲームをする機会がかなり増えたせいで運動する機会が減ったというのも原因ですね。

「なら自分はこれからずっと短小ペニスで過ごさないといけないのか!?」
そんなことはありません。
何もしなければそのままですが、頑張ればペニスは確実に大きくできるのです。
今の時代、色々なペニス増大方法があるので遅くありません。
思い立ったが吉日の精神でペニス増大に挑みましょう。

ページの先頭へ