小さいペニスの原因は包茎だった!?包茎×短小の最悪の組み合わせ!

ジーター

短小ペニス、早漏、包茎。
どれも男にとっては聞くのも見るのも嫌な単語だよな。
実はこの中の短小ペニスと包茎には深いつながりがあるってことを知っているか?
だって、包茎が原因でペニスサイズが小さいまま人生を過ごさないといけない人もいるんだからな。
この記事では包茎とペニスサイズの深い関係とその改善には何をすればいいのかを書いているぞ。

包茎が原因で短小ペニスになるって知ってるか?

短小ペニスで悩む男性よりも包茎ペニスで悩む男性の方が多いんだよな。
なにせ日本人男性の約7割が包茎なんだからよ。
もちろん、包茎の症状にも大小の差はあるけどな。

で、ここからが重要な話なんだが、包茎を放置している人はペニスサイズがほかの人と比べて小さい可能性があるんだよ。
特に真性包茎、カントン包茎、埋没包茎の人は要注意だ。

包茎と短小ペニスにつながりがあるとか、どちらも男の尊厳を傷つけるものだし、まさに悪夢のタッグって感じだよな。
でも、なんで包茎だとペニスが小さくなってしまうのかと疑問に思うだろ?
その理由をカンタンに説明するぞ。

あまった皮が成長を止めてしまうから

なんで包茎だと短小ペニスになってしまうのか。
答えはカンタンだ。
亀頭が露出されない(もしくは露出するのが難しい)せいで、ペニスの成長が中途半端になっちゃうからなんだよ。
言い換えれば余計な皮がペニスの成長を止めちゃってるってこと。

で、仮性包茎ならそこまで悪影響はないだろうけど、真性包茎とカントン包茎は別格だね。
ペニスの成長にあまりいい影響を与えていないと断言できるわ。
なにせ真性包茎だと亀頭を出すのは難しいし、カントン包茎だと逆に皮が亀頭を締めつけているんだからな。
だから、この2つの包茎だという人はすぐに治療をしないとダメだぞ。

体の中にペニスが埋まってしまうから

埋没包茎が原因での短小は少し特別だ。
だって、でっぷりと太った体の中にペニスが埋まっているだけなんだからな。

ペニスっていうのは元々、ある程度は体の中に埋まっているものなんだよ。
支える靭帯とかもあるしな。
で、太っている人は余計な腹肉と腰肉のせいでペニスが普通の人より多く埋まっているんだよ。
つまり、ペニスの皮だけは一人前なのに、ペニスの中身ががっつり体の中に埋まってるから結果として包茎になっちゃうってワケ。
もちろん、ペニスの中身が埋まってるわけだから短小ペニスにもなってしまうんだよ。

まとめるとだな、埋没包茎はほかの包茎と違って自分の怠慢のせいで包茎になってるんだし、改善しようとしないせいで短小ペニスになっているってこと。
逆に言えば痩せれば大体は片付く話でもあるんだけどな。

包茎を治せばペニスを大きくできるのか

「包茎が短小ペニスの原因の一つだというのは分かった。
じゃあ、包茎を治せばペニスを大きくできるのか?」

こう思う人もいるだろうけど、残念ながら答えはNoだ。

包茎の治療法はいくつかあるけど、やっぱり一番有名なのは包茎手術だよな。
ほら、上野クリニックとか中央クリニックとか有名じゃん。
でも、どこで手術しても、どんな手術法を選んでも、結局のところは亀頭を隠している余計な皮を取りのぞくだけなんだよ。
つまり、ペニスを大きくできるかどうかは別の話ってこと。

だから、包茎が原因の短小で悩む人は包茎を改善したあと、ペニス増大に励むのがベストなんだよな。
面倒だけど仕方ない。

包茎ペニスって大体、亀頭が先細りになっているから、まずは亀頭をたくましくすることを目標にするといいぞ。
ペニス増大サプリ、増大手術、増大器具……etc.
どの方法を選んでも問題ないけど、せっかく包茎を治したのにペニスサイズはそのままなんてもったいないことだけはやめておくんだぞ。

ページの先頭へ