ペニスが小さい悩みを改善するための基礎知識

ジーター

ペニスのことを知らずして、ペニス増大は成功しない!
……っていうのは言い過ぎだけど、でも、知っておくことでサイズアップの効率は断然よくなるんだよな。
たとえば、短小の原因を知っておくことで、その原因にあった増大法を選べるっていう風にな。
急いてはことを仕損じるし、急がば回れとも言う。
ペニスを大きくしたいなら、まずは落ち着いてカンタンな勉強をしてみようぜ。

ペニス増大の第一歩は「学ぶ」ことだ!

ペニスを大きくしようと思ったとき、まずは何をすればいいと思う?
サプリのランキングサイトを見ることか。
とりあえず有名なメンズクリニックを片っ端から調べることか。
Yahoo!知恵袋や2chで増大器具の評価を聞くことか。

正解は「ペニスのことを学ぶ」だ。
なぜなら、ペニス増大の最大の近道は、ペニスへの理解を深めることだからだぞ。

自分のリアルなペニスサイズを知ること

本人が強く望むなら仕方ない話だけど、本当にそのペニスって大きくする必要あるのってケースもたまーにある。
具体的に書けば、日本人の平均以上のペニスサイズだったり、海外の人と比べても遜色ないレベルのペニスサイズな場合だな。

それに、大きくしたところで女性から受け入れられなかったら意味はないと思わないか?
女性が好むペニスサイズならば大きくする必要はあまりないって俺は思うんだよ。

だから、ペニスサイズのあれこれを学ぶのは決してムダにはならないぜ!

ペニスが小さい原因を追究しよう

何事も原因にあった対処をするのが重要だよな。
ペニスのサイズアップだって例外じゃないぞ。

たとえば、病気が原因の短小ペニスなら、いくら増大サプリを飲んでも大して効果なし。
ちゃんと病気を治さないとダメだぞ。

また、生活習慣が原因の短小ペニスなら、生活習慣を改善するだけで案外カンタンにペニスの調子が上向きになるんだぞ。
だから、高い金を出して増大手術を受けなくてもOKってこと。

つまり、ペニスを大きくしたいなら、まずは自分のペニスがなんで小さいかを探ることから始めようってことだな。

ペニスが成長するメカニズムを知る

これも知っておくに越したことはないな。
だって、この記事を読んでる人の中にも「本当にペニスって大きくできるのかよ……」って半信半疑な人もいるだろ?

ペニスが大きくなるっていうのは嘘でもないし、オーバーな表現でもない。
サプリを飲んだり、手術を受けることで大きくなるのには、ちゃんとした理由があるんだぞ。

成長期の終わりはペニスサイズの打ち止めじゃない。
そのメカニズムを知っておくのは、サイズアップにかなり役立つぞ。

短小と包茎の関係を知る

短小ペニスと同じくらい多くの人が悩んでいること。
それは包茎だ。

包茎にどんなイメージがある?
ダサい、不衛生、不潔、子供ペニス、男としてみっともない……etc.
きっと色んなイメージがあるだろうけど、その9割くらいはネガティブイメージだと思うんだよな。

で、実はこの包茎って短小ペニスとも関係があるって知ってたか?
それも結構大きく関わっているんだよ。

というか、包茎の人ほど短小ペニスな確率が高いんだよな。
もし自分が当てはまるなら、すぐにでも治したほうが良い。
なにせそれは男として二重苦なことなんだからな!

メンズクリニックがどんなところか下調べ

ペニス増大に確実性を求めるならメンズクリニックがほぼ最適解。
サプリやマッサージだとどうしても体質で結果が変わってくるからなあ。

その点、メンズクリニックは体質や年齢に関係ない。
違いが出るのは「どのクリニックを利用したか」と「どの施術法を選んだか」ってことくらいだぞ。

ただ、確実性がある分、結構なお金がかかるのがデメリットだけどな。
そんなメンズクリニックのメリットやデメリット、詳しい施術内容を知っておくのも大事だぞ。

ペニス増大器具を知っているか?

ペニスのサイズアップ法で有名なのは、ペニス増大サプリに増大手術、それに増大マッサージってところか。
けど、それだけじゃなくて、実はペニス増大器具なんてのもあるし、そこそこ大きな市場があるくらいなんだぞ。

知ってる人が少なければ、どんな特徴があるのか知ってる人はもっと少ないのがペニス増大器具。
俺から言えるのは知名度が低い割には、それなりに使えるってこと。

そんなペニス増大器具の特徴をまとめてみたから、興味がある人は是非読んでいってほしい。

定番のペニス増大手術まとめ!ペニス増大に長茎・長径手術を選ぶ人必見!

メンズクリニックのペニス増大方法を解説

見た目のペニスサイズ=本当のペニスサイズじゃないって知ってた? 早く、確実に、一目で分かるくらいペニスを大きくしたいのなら増大手術一択でしょ。 上野クリニックとか高須クリニック、ABCクリニックで受けることができるような・・・

ページの先頭へ